顧客管理

   
     
   


  顧客管理
 
 

 

A.顧客情報の検索、顧客情報の追加、メール一括配信機能、インポート、エクスポート

顧客情報検索 検索条件を指定して顧客情報データベースのデータを検索することができます。

顧客情報の追加 顧客情報データベースに新しい顧客情報を登録することができます。

メール一括配信機能 顧客情報データベールから条件を指定し、条件に一致する顧客にたいしてリストを作成し、複数の顧客にたいして同時にメールを一括して送ることができます。

インポート CSVファイルのデータをもとに、顧客情報データベースにデータを追加することができます。

エクスポート 顧客情報データベースのデータをCSV形式のファイルとして出力することができます。

B.すべて、文字検索、モバイル

・すべて ”すべて”をクリックすると、顧客情報データベースのデータをすべて順番に表示します。

・文字検索 表示されている五十音の文字をクリックすると、その文字から始まる顧客レコードを表示します。

・モバイル ”モバイル”をクリックすると、メール共有機能設定で携帯電話メールとして登録されている携帯電話メールの顧客レコードを検索することができます。

 

C.検索結果のレコード表示領域

検索結果のレコードが一覧で表示されます。各レコードをクリックすると詳細な情報が表示されます。

 

D.各レコードの詳細情報表示領域

顧客情報の詳細が表示されます。右上の左右の矢印をクリックすると表示する顧客レコードを前後に移動して表示することができます。また、右上の数字は検索結果のヒット数とレコードの順番が表示されます。

 

E.検索条件設定、検索実行、編集、検索条件を保存

検索条件設定 [検索条件設定]をクリックすると、表示された画面から検索条件を設定して、顧客情報データベースを検索することができます。

検索実行 [検索実行]をクリックすると、設定した検索条件をもとに検索を実行します。

編集 [編集]をクリックすると、表示されている顧客情報を編集することができます。

 

検索条件を保存 設定した検索条件に名前をつけて保存することができます。ここで保存した検索条件は、リスト作成時に利用することができます。また、メール共有機能設定の顧客情報検索条件の機能で内容を編集することができます。
検索条件を保存する場合は検索条件に名前を付けて、[検索条件の保存]をクリックします。”..”をクリックすると、保存されている検索条件がプルダウンメニューで表示されます。保存されている検索条件を削除する場合は、削除する検索条件を選択した後、[検索条件の削除]をクリックします。



 
  CusTup の顧客管理機能の特長
 

1. 受信メールから顧客情報を追加できます。

2.他のソフトウェアのデータ(csvファイル)をインポートして、顧客情報として使用することができます。その場合、新規作成、追加の選択をすることができます。

3. モバイル検索機能によって、携帯電話のユーザーを簡単に検索することができます。

4. 顧客情報を csv ファイルに簡単にエクスポートできます。

5. 検索条件を保存し、リストを作成して、条件に合ったユーザーにメールを一括して送信することができます。

6.バックアップ機能によって、顧客管理データを圧縮(GZ形式)してバックアップを作成することができます。また、バックアップしたファイルをリストアして顧客管理データを復元することができます。